2014年05月27日

デラックスな人たち(びょんびょんびょんびょん・・・・)

田舎なのに小綺麗というか、無機質でモダンな町並み。
私が青春時代を過ごした田舎は、おかしな方向に進化していた。
私はそこで、旧友たちとかいものをしていた。
ある友人が
「あんた、ギターやってたよね。ちょっとケースほしいんだけど、選ぶの手伝ってよ。」
と言ったので、楽器屋にいった。
全面ガラス張りの複合店舗。
通りからは美容院、ゲーム屋、お菓子屋がみえる。
入ると様々な店の店員が客引きをしてくる。
お菓子はいかが?
髪を整えていきませんか?
最新のげーむがありますよ!
私たちはそれらを避けつつ、楽器屋にたどりついた。
会話は覚えてないけど、その楽器について店員さんは
「その楽器のケースを置くなど、畏れ多いことです。
的な話。友人はどんな楽器を使ってるのだろう。

仕方なく、別の店で代用品を探すことになった。
たまたま見つけた画材屋にはいると、イーゼルや画材を一式で入れるケースがあった。
「これがあうかも。どうおもう?」
どんな楽器を使っているのかわからないので、曖昧に返す。
「でもなぁ、こんなケースだと楽器に失礼だし。」
「じゃあこれは?」
「でもなぁ、楽器が壊れたら嫌だし・・・」
「じゃあ、別の探す?」
「でもなぁ、別とかなさそうだし。」
何を言ってもでもなぁなのが鬱陶しくなり、どんな楽器なんさ?とイライラしながらきく。
得意気に取り出したがっきは、なんの変哲も無い、ふつうの某民族楽器。三味線とかにことか、そういうたぐい。
「それならアマゾンとかでハードケース売ってるでしょ。」

その人たちと別れて職場にいった。
何かのデザイン事務所だった。
社長はマツコみたいな人だった。
職場は女性ばっかりで、ちょっと臭かった(笑)
マツコは模様替えをしていた。
理由を聞くと、
「テレビの取材かあるから、あれ(たぶん、月曜から夜更かし)のパロディーやんのよー。」
夢の中のマツコもオネエ口調だった。
部屋を見渡すと、確かにパロディーだ。
ピンクの壁紙にWカバWのデザインのカッティングシート。
「女の子っぽいでしょ。」
ここで目覚め。



【関連する記事】
posted by あやたようこ at 23:26| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

ちっちゃいもこもこ

私の部屋には大量の小さな妖怪と、大きな妖怪が住んでた。
私は寝る場所がないから、小さいのには隅の方で寝てもらい、私はおおきな妖怪のお腹の上で寝てました。(トトロみたいな感じ?)

小さい妖怪は、葉っぱを集めて水につける妖怪(?)
大きいのは鬼系。

場面変わって、学校。
なんか私は学生でした。
となりの席には、学生時代の知り合いの、柔道部の子。
どうもここは職人の学校みたいで、電気系の職人を私はしていて、横の柔道部に
「あなたって電気使いすぎじゃないん?」
と、ずっとなじられてました。
「だって、電気機器の職人だもん。」
「なんでポケットベル3台ももってるの?一個頂戴よ。」
「いや、ちょ・・・契約とか・・・」(てか、なんで3台ももってるの?)
「そんなのそっち持ちで」
あ、はい。セコママ系ですね。わかります。

うっとうしいので、無視してお昼を買いに売店に逃げました。
売店は、お菓子職人、パン職人の子たちが作った商品が並んでます。
色とりどりですごくきれいです。
学校の売店にはみえません。
すでにマルシェです。

それからなにかが起きる訳でもなく、ただただ学園生活?みたいなのを送って目が覚めました。
posted by あやたようこ at 13:37| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

波乱バンジョーなおばさん

コンビニ?でバイトしている夢。
毎日夕方におでんとコロッケを買いに来るおばさんがいた。
顔見知りになって、バイト終わりに話したりしているうちになかよくなった。
そのおばさんの話では、なんともすさまじい波瀾万丈人生な人だった。

(おばさん視点になったので、私=おばさんとする)
父は、バブルであくどく(情報屋)儲けた人。
バブル崩壊で資産を失い、この町に越してきた。
この町は、ある悪いやつがとりしきっていた。いわゆる、町の顔役。
父は、すべてを失ったけれど、人脈だけは健在だった。
それを目当てに顔役は寄ってきた。
父は家と役職を与えられ、また以前のような暮らしができるようになった。
父の仕事は情報屋。ただし以前のような草みたいな存在ではなく、顔役の秘書として。
ある日、私はレイプされる。
捕まったのは、ホームレスのような男。
「ちがう!ちがう!このひとじゃない!」
私はそれ以後病み始める。

実はこれは、顔役が父の忠誠を試すためにやったこと。
父は怒らなかったので、役職を失わなかった。
うすうす感づいたため、私は親元を離れ、一人で暮らす。
仕事は、近所の中華料理屋。主人は気の弱そうな男だった。
私が主人を見る目は氷のように冷たく、そしてサディスティックだった。
「あなたは私を首にできないわ。そうでしょ?」
レイプの犯人はこの男(顔役のできの悪い3男坊)だった。
私の復讐がはじまった。手始めにこの男が私からにげられないようにこの男と結婚した。
籍をいれた次の日、父親に
「あなたはこれを望んでたんでしょ?私をレイプした男と結婚する。彼はあいつの息子だから。出世できてよかったわね。」(もっときつい言葉だったかも?)
・・・・(この先あんまり覚えてません)
私が家に帰ると、住んでたアパートの部屋がブルーシートでかこわれていた。
部屋にはあの男と息子、そしてあの男の父親が死んでいた。
私は泣き崩れた。内心終わったと思いながら。
ここで目が覚めました。

たぶんこのおばさんはなんらかの方法で3人を殺したんでしょうね。
怖い夢だったけど、ちょっと続きが気になりました。
っていうか、こういう話がしっかりした夢ってはじめてみたかも。


そうそう、風景も現実にある風景(京都の三条寺町界隈)で、ただ施設が違うだけでした。



posted by あやたようこ at 14:22| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

記憶の景色の再生

実は書きためててうPできてない夢日記が大量にあります^^;
日付順でGoogleKeepにでも保存しとけばよかったんだけど、いくつかのテキストファイルに日付ごちゃまぜで複数かいてるので、順番がわかりません。
しかも日付ないのまであるし^^;
これはたしか、去年の12月中頃に見たものだとおもいます。


実家なんだけど、実家じゃないどこか。
見たことあるんだけど、どこかわかんないところ。
すごく懐かしかった。
窓から向こうを見ると坂があって、その上に金網、駐車場。金網には毛筆っぽい看板。たぶん神社。んで、その横になんとか模型という看板。
そして、山並みは南アルプス風な感じ。
なぜか尾根を恐竜みたいなのが歩いてます。
あ、観音様もあるいてた。
神社の社みたいなのも見えます。
しかし、その坂にどこから行けるのかがまったくわかりません。
家の真ん前には登り階段があって、なぜか神社が上にあります。
「懐かしいなあ。あんまりこの上とかいったことないんだよね。」
「んじゃあ、いってみるか?」
前の階段を上ってみる事にしました。
鳥居をくぐると、右手に茶屋。
正面にお堂?
左手に小降りなのがもう一個お堂があって、その正面に小屋。
どうもその小屋は私の所有物だとか。
どうも、売店かなにかに使うものみたい。

茶屋にいってみると、お客さんにラーメンと焼き飯だしてて、おいしそうだった。
「試食や」
おっちゃんがやきめし持ってきて、なぜか旦那に餌付けされるみたいにたべさせられた。

突然グラベル(未舗装道路)
前にはダートラかWRCの選手(新井さんかな?)
旦那が横に座り、私の運転で前の車を追いかける。
めちゃくちゃ早くて、ついていけないなか、前のが滑らせたところでとりあえず私も滑らしてついていく。
風景は岩山が多い感じ。
ゴール地点には、杉っぽい木が何本もあって小屋があった。
コース沿いには川があって、結構絶景。
なぜか川では、時々水柱があがって、その度に断水するそうです。
posted by あやたようこ at 12:22| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

うpし忘れてたけど、これ初夢ですよ^^;

誰か知らない人とファッション雑誌を読みながら話してた。
そのひとは、身長120cmの人で、なんかトラック運転手らしく、ぬいぐるみなどで飾られたトラックの運転席と助手席で話してた。
電気量販店(ヤマダとかエディオン)のネット通販部門に医薬品があると言う話になる。
私はどうも最近すごくつかれて眠れない(実際は寝てるから夢を見てるんだけど、夢の中の私はそうなんだそうですよ)ので、その辺のお薬をさがしてみました。
届くのを待つのが嫌なので、トラックさんと別れて電気量販店に行ってみました。
店内は・・・・完全にドラッグストアになってました。
店員さんは壇蜜、名前よくわかんないなんとかナナ(お馬鹿キャラのモデル?)とかいう人、あとおっさん何人か。
壇蜜に症状を伝えたら、処方せんみたいなのを書いて渡してくれて、「レジの子に渡してくださいねー」とかいわれたので、なんとかナナにそれを渡す。
湿布みたいなのを出してきた。
おかねを払おうとしたその時、なんとかナナにお客さんが話しかけ、なんとかナナはそっちに行ってしまい、私は放置になった。
他の店員さんやレジの人にはやくレジしてっていったんだけどあしらわれて、めんどくさいので買わずにお店を出る。
するとそこはすごい事になってました。
薄暗くて、今にもあめが降りそうです。
っていうか、道に怪我人がいっぱい倒れてます。
なるほど、だから相手にされなかったのか。
そう思いながら、慎重に移動していると突然何かが降ってきました。
・・・降ってきたのは、アポロチョコレートです。
「うわあ・・・」
と思いつつ、手で受け止めて食べつつ逃げてると降ってきたアポロがどんどん積み上がって、遺跡のような形になっていった。
遺跡の上にはガルボで作られた顔(目はマーブルチョコレート)が。
なにかしゃべってます。
なんかうっとうしいので、手元にあった棒でなぐるとがらがらと崩れました。
どんどんつみあがるチョコレート遺跡を棒で崩しまくってみました。
なんでそうしたのかわかんないけど。
そんな夢。
posted by あやたようこ at 07:12| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

らせんの塔

六角形の塔の内部には、真ん中に大きな柱があり、壁にそって螺旋階段があった。
上も下も先はみえなかったです。
螺旋階段の各階(壁側)には扉があり、その扉の先は街のようになっていた。
私はその一つの階で、小池栄子風の人と二人でおうどんを茹でてた。(出番はこれだけ)
おうどんを食べてると、大きな人がのしのしあるいてきて、なんか言ってきます。何いってるかは不明。
面倒くさいので適当にあしらいつつ、売店でおかしをかって食べながら螺旋階段をくだっていって、途中で目覚めました。
posted by あやたようこ at 19:15| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

スキヤキヤイタ

NASAが重大発表をするというので、テレビにかじりつく。
テレビでは学者たちが、ああだこだと。
オカルトライターたちが、地球外生命体がああだこうだといっていて、私は結構にやにやしながらテレビをみていました。
臨時ニュース。
ついに発表の時がきました。
なんでも、全世界同時中継だそうです。
ジェイソン・ステイサム(トランスポーターの人)に似た科学者が壇上に上がり、話始めます。

「我々はついに、宇宙の神秘にたどり着きました。」

えらく、流暢な日本語です。

「実はわれはれは月の地質調査を10年前から秘密裏に実行しておりました。そしてこのたびついに・・・」

フランク・マーティンは溜めます。ミリオネアの見すぎです。
じらし、じらじ・・・
そして

「ついに、月の地層の一部から、すき焼きのタレが染み込んだ層を発見したのです!」

盛り上がる記者団。

「うおーーーー・・・」

というどよめきと、ざわざわ。
それを制止するフランク・マーティン。

「これは宇宙から見ればは些細な事ですが、人類にとっては偉大な一歩なのです!」

なんやそれ!!!!!

というツッコミと同時に目が覚めました。

posted by あやたようこ at 16:28| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

てらふぉーみんぐ

お久しぶりのゆめにっきです。

フォボスでの生活。

まず、土星の衛星フォボスがテラフォーミングされて人が生活できるようになってたんだけど、 それは不可能ですとか、その辺は突っ込みなしで。あと、間違いあるけど、オチがあるのでツッコミ不要で。
所詮は夢なので。

フォボスに入る前にステーション入りしました。
私はどうもアンドロイドかなんからしいです。(すきねえ)
わっかの通路、ちいさな待機室。
よくわかんない所員。シャワー室。いろんなところを見て回ります。
たぶんマスターな人が手続きとかしてるんでしょうね。
私はアンドロイドという自意識があるけど、普通の生活をしています。
仕事的にはPCでのデータ整理と家事?
あんま現実とかわんないな。
ってか、アンドロイドなら自分のなかでデータ整理とかできないのか^^;

さて。フォボスにおりたちました。
町並みは昭和と近未来が入り乱れた感じ。
真ん中に商業地区があってでかいビルがある。(たぶん、なぞの建造物のあれ。)
んで、それを囲むように住宅があって、そのきすい粋みたいなところが商店街になっている感じ。
家具とかのお買い物で総合ショッピングセンターみたいなのにいきました。
色々見ていて別の階に行くとき、エスカレーターがないことにきづきました。
探してると、どうも透明のエスカレーター?があるようで、人がす〜っと、なにもないとこから上の階にあがってます。
高所恐怖症なので、めちゃこわいです。

買い物中にリアルの父親に会い、靴の修理をしたり、PCの修理をしたりしたけど詳しくはめんどくさいので割愛。

何日かたって、しりあった近所の子供と遊んでます。
途中で別行動になり私はなんか作業をはじめました。
子供たちは、昭和風な町並みを走り回ってます。
ふと思い立って、ビデオカメラを持って彼らのあとを尾行開始しました。
「私はこういうところで、こんな子供たちと毎日楽しく生活してまーす。」
とか言いながら。
どんどん進む子供たち。
商店街にはいっていきます。
彼らの先を読み、別のルートを選択して通りの向こうから走る子供を撮ります。
あれ?
これって私のいつもいくスーパーにむかってない?
そう思いながら彼らを尾行します。
スーパーに入っていく子供をおいかけて、私もスーパーに。
子供たちがこっちを見て笑ってます。
「ねえちゃん、尾行下手すぎ!」
ばれてました。

色々子供に話を聞いていると、
「クレーマーのおばちゃんがいて、万引きしたり、お惣菜を勝手に食べたりしてるんだ!」
「ねえちゃんアンドロイドだろ!なんとかしてよ!」
「えええ・・・アンドロイドでも無理だよ^^;」
とか、そんな夢でした。


ちなみに、土星の衛星はタイタンでした。
ぎゃふん。
posted by あやたようこ at 04:01| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

ボーグスフィア

お久しぶりの夢日記。
色々インパクトのある夢だったので、書いてみます。
現実の話をまじえつつ、かいていくので、夢と現実の区別は必須。W()Wは現実の話とする。

(恋愛時代の旦那との夢だった。夜中結構クルマで走り回っていた、そんなときの夢)
とある道の駅(東海道だったか、中山道だったかの、岐阜県の白川ナンタラに似てる)で、つかれたので休憩。
しばらくして、自販機に行こうとクルマを出ると、となりのおっさんとばあちゃん(昔一時期住んでたとこの近くにいた、おっちゃん。時々切れるけど、基本的に役場の人に対して切れてた。奥さんは怖かったけど、ばあちゃんとおっちゃんはいい人。)に出会う。
「うわー、おっちゃん、ひさしぶり〜」
「お〜う。なにしとんねん。デートか?」
「はようちかえらなあぶないで!」
「うん^^;おっちゃんらはかいつけ?(商売しておられた)」
「せやー」
「ほら、あぶなそうなん来たから!」
(口々に言いたいことを言う人たちだったなあ・・・)
黒塗りのクルマの一団登場。
やーさま。
ジュース買おうとしたら、割り込まれた。
そしたら、おっちゃんぶちきれ。
「この子が買おうとしてたやろ!」
おかげで、コーヒーとココアを買えて、クルマに戻る。
戻るとやーさまが待ち構えて
「かたぎの人にご迷惑おかけした」
と、1万円を差し出されたので、それはいいけど金いらんと拒否。

道の駅から出ると、エレクトリックシティーな雰囲気の町に到着
電飾ギラギラで、サーチライトが夜空を照らす。
ひときわ目立つランドマークタワー的な建物。
それはまるでボーグキューブ(スタートレック)
キューブの回りをプローブが飛び交い、故障箇所を修理してる。
入り口にはエアコンが並んでいて、青白いおっさんが安いよーと客引き。
ド*キとかダイ○ク薬局みたいな音楽が流れてた。
って、電気屋か!!!

なぜか、新居のボロアパート(今まですんだ家のボロい所を足して割った感じ)
に移動。
あー。こっから覚えてないです。







posted by あやたようこ at 06:24| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ばとるおぶおんせんがい。

むしろ、スチームパンク的??

温泉街に住んでた。仕事はよくわからないけど、何かをしていた。
誰か知らないけど、男の人と住んでた。うちの人にもにてるけど、もうちょっとワイルドだった。スギちゃん的にではなく。
彼は、街の有力者?有名人みたいなのと抗争していた。仮にBとする。
Bは暴力的で、街の弱者をしいたげ、反抗すると暴力をふるったりした。お店をゆすったりもしていた。
「暴徒がこないのは、俺がいるからだ。」
いわゆる支配者層からのウケはすこぶるよかった。
むしろそんなBと敵対している彼は、危険人物視されていた。
私たちは、午前中の仕事をおえると、街を見回った。彼は、Bや支配者層をきにしてか、街の人から若干避けられていたので、彼は私の斜め後ろをついてきた。
露天のおじさんと話して、買い物をしたり。掃除をしたり。
寒い地域なのに、温泉地だからか、地熱があったかくてきもちよかった気がする。
駅のベンチで温泉まんじゅうをほうばったりしていた。
いい街だった。Bさえいなければ。

ある日、突然彼に別れを告げられた。
「どうして?」
としつこく聞くと、彼は
「お前なんか嫌いだ。失せろブス。」
と、いわれ、そのまま彼はどっかにいってしまった。
失せろといいつつ、失せたのは彼の方だった。
まわりの人に行き先をきいて回っていると、なんとBの死体を発見。
どうやら彼は、Bの手下にちょっかいをだされ、受け流してはきたがBの登場に逃げられなくなり、
最終的には決闘になったらしい。
彼は私と別れることで、B殺しの罪が私にもかからないようにと考えて出て行ったらしいけど、あんまり意味がないという。


それから街はあれた。
街の人からは、Bを退治してくれたことを感謝されたが、支配者層とBの残党vs中間以下+彼の仲間の抗争が激化した。
私は基本的に戦いには不参加だったのだけど、私も銃をもたざるおえなくなった。
・・・・そっからあんまりよくおぼえてない。
犬と猫のハイブリッド生命体が出てきて、「あんまり意味ないね」
って言ったのは覚えてる。
posted by あやたようこ at 18:58| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。