2012年02月13日

ひれかつ

現在夢日記を記録しているものは、ideosという小型のスマートフォンだ。
サイズも小さく、携帯にはいいが、寝ぼけ眼での記述にはむかないようだ。
今日見た夢も興味深かったのだけど、夜中にを目を醒ましての記録は誤字の連続で、嫌になってやめた。
朝起きると、案の定内容を忘れていた。
ただ覚えているのは、いつもどおり世界は色褪せた古い写真のような色合いで、空は晴れているのに鉛色だった。
これが、自身の経験や記憶を繁栄したものだとすると、
相当陰気な人生に違いないw

さて、そんな夢のなかの一コマ。
私はひれかつをあげてました。
大きいお肉だけど、人がどんどん増えて、一人の割り当てがどんどん減っていきます。
横にいる男性が、
「妹も、このぐらい機転が利けばいいのに。」
とかいってます。
うちのだんなが到底言いそうもない台詞です。
どうもこの人はうちのひとではないようです。

あげあがったひれかつを切り分けたところでめざめ。


posted by あやたようこ at 06:05| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

水が多い

ブログに関してすこし。
このブログのコメントは、管理者(私)が確認後にしか反映されないようにしています。
書き込みキーワードが長い上に、メールアドレス必須など、難易度を高めにしています。その上、返信がないとか、書いてもあんまり酬われません(w
それでもよろしければ、コメントを拒否している訳ではないので、どうぞ。
ちゃんと読んでますので^^


さて、本題。

ピアスを探していました。
実際に持ってる、大切というか、お気に入りのピアスです。
実際の話ですが、アクセ類は大体自作なんです。ネックレスしかり、髪をまとめる道具しかり、ピアスしかり。
ビーズショップで買ったものをつないだりしてるだけなので、激安です。
そんな安上がりなピアスですが、なくすと結構あせります。
どこにあるんだろって、家中うろうろです。
そんなピアスを、夢の中でなくしました。
実家。しかも私の部屋だった所は小学生のころの模様です。
ひっくりかえしては、片付け、ひっくりかえしては、片付け。
ないと思うと、次は外です。
薄暗く、そして浅瀬が広がっています。幅は京都四条大橋の全長ぐらいかな。結構広かった。
片側が深く、あとはあさせで、飛び石の足場があり、そこをぴょんぴょんと飛びながら探してた。
なにやら懐かしい風景にみえたけど、おもいあたりがなく、なんだか気持ち悪くなってそのまま目が覚めました。

なんだろう、私の夢は水に関するものが、最近は多いようです。
posted by あやたようこ at 16:42| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

流れない水と人形の髪

用水路。下水道。四角く暗い通路を抜けると、吹き抜けの広場にでる。
みずびたしだがじめじめはしていない。
広場はだいたい腰ぐらいで深いところで肩ぐらいの深さだった。
かなり広い広場で、そこに何人かの人が船上生活をしていた。
真ん中が一番深くて、そこにはコンテナのようなものをつみあげた人の住処があった。
仮にキューブとする。

キューブのまわりには筏の家があり、私はそこにいた。
筏の向かいには何かの味噌煮込み屋があって、私はよくそこで飲んでて、酔って水におちてはキューブの管理人2人(ロッチ中岡似とよゐこ浜口似)に助けられた。
あるひキューブを這い上がってあそんでいると、中岡がさけんだ。
「トンボが!!!おれのトンボが!!」
彼は自分の眼鏡を愛しすぎるあまり、眼鏡に名前をつけていた。
眼鏡が水の中におちたらしい。
浜口がもぐっては
「これか!?」
「これか!?」
と、待ったく別のものを拾いあげてくる。
私が何気に、コンテナから降りて水面に目をやると、流木にひっかかった眼鏡をみつけた。
「これ?」
私は中岡に眼鏡をわたすと
「君は命の恩人だ」
といって泣いた。
興奮した浜口がコンテナに登って住人全員に
「感動した!とびこめ!!」
と指示をして、みんな飛びこんで祝った。
「お前も飛び込め!」
と言われたけど
「寒いから嫌!」と拒否をした。

私は大事な人形をもっていた。
気づくと中岡も、浜口も味噌煮込み屋もいなかった。
水浸しじゃない。
大通りがあって、横断歩道の向こうにはいろんな人がいた。
人形をだっこしながら、マンションの自分の部屋にもどった。
ベランダから、ゴミ捨て場につづいている。
見た風景は南国風で、バナナの樹の葉のようなものがおいしげっていた。
ゴミ捨て場は、ゴミを拾う人が荒らすので、片付けたり追い払ったりするのが私の役目だった。
いつものように人形を抱えてゴミの整理をしていると、声が聞こえた。
「ねえねえ、人形みせて。」
私より5センチはせの低い、そしてケバい人に言われて、人形をみせる。
その人は笑いながら髪をむしりはじめた。
私は悲しくて人形を取り返して、家で毛糸を髪にしてあげ、帽子をつくってかぶせてやりました。
気晴らしにおでかけ。
カレーやさん。

店主「前菜です。」
スープとパンとサラダ。
それを食べると、満腹でカレーがたべられなくなった。
隣にいたさっきのケバい人が
「ちょうだい」
と・・・
しゃくなので、全部食べようとしたところで、
「そういえば私、目覚ましの設定してないかもしれない。」
そうおもって目をさましました。
posted by あやたようこ at 07:39| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

大雨のふるバス停

田園風景が広がっていた。
なぜか夏だった。
セミががしゃがしゃと大きな声で泣いていて、暑苦しい空気と相まって息がつまりそうになった。
そばにいた人たちが、バスがこないことに不満というか、不安を口にしていて、
どんどんその不安が伝染していった。
私は漠然と、なんとかなると思いながら、息のつまりそうな暑苦しさを耐えていた。
突然空気がひんやりしたかと思うと、生ぬるいあめがふりはじめた。
その雨はどんどん固形化していき、寒天のようになった。
私たちはあわてふためき、せまいバス停の屋根に身を寄せた。
止まない固形の雨に痺れを切らした一人がたちあがって、外にはしりだしてしまった。
またもう一人、バス停から出て行った。
よく見ると、その固形の雨は目玉だった。
地面に降り積もる寒天質に被われた目玉。
それが私をみていて、気持ち悪くなって目がさめた。

(ちなみに最近、ブレードランナーを見ましたw)
posted by あやたようこ at 10:54| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

残念な夢

高校生だった。
好きだっていうか、ある意味尊敬していた美術部の先輩が、自分の事は棚にあげて、他人をせめたてていた。
私はそれを、ただただ傍観していて、
ふと肩を叩かれて、びっくりして起きた。

お風呂の蓋につっぷしてねてた。
posted by あやたようこ at 22:12| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

解凍 夢日記

場所がもったいないので解凍。
夢の記録を書いていきます。

これを書いたのは、大昔。
それを別の場所に転載したのが2008年で、のちに出てくる日付つきの記録が2007年なので、はじめの記事は約5年ほど前に見た夢でしょうか。
これがすべてではありませんが、そんな夢の記録の転載です。
曖昧な記憶をつなぎ合わせているので、支離滅裂かもしれませんが、ツッコミは不可で。
”#”付きは今現在のコメントです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-09 08:46:29
逃げているのか、追いかけているのか、目指してるのかよくわからないけど、車で走ってる夢でした。
場所は見覚えがあります。
多分、私の田舎の近くの堤防沿いだと思います。


最近、夢を意識しながら寝ているせいか、内容のある夢じゃなくて、何かを延々繰り返す夢が多いように思います。
もしかすると夢っていうのは、何かを繰り返す夢をいくつかみて、それを自分の経験や都合で、辻褄があうよう(でも、無意識だから突拍子ない?)にムリヤリ繋げているのかもしれないですね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-10 12:01:26
雪国に住んでいて、あべひろし(すみません。漢字、知りません。)似の人がお父さんがいました。
で、大掃除のようなことをしていて、熊手とかそういうのを買いに行ったら、抽選かなにかで、大きな水槽を貰ってしまい、よくわからないまま持って買えって、
重いなあと思ったら、水が入ってたんです。
帰って、あべひろし似の父に見せると大喜び。
部屋を見渡すと、大きな水槽から小さな水槽がぎっしり。
金魚鉢にはネオンテトラみたいな小さくてきらきらした魚がぎっしり!
こういうのを大きな水槽に入れたかったんだそうです。
貰った水槽の水をふとみると、茶色と白のまだらの、おたまじゃくしみたいな魚が紛れ込んでいました。
???なに?この魚は。
どうも、おたまじゃくしでもないようなんですけど・・・



2007-02-12 21:56:43

(辻褄あうように、ある程度編集してます。)

私はどうも、夢の中では子供でした。
ゲームの一般テストプレイヤー募集という広告に応募し、ゲームのカートリッジが送られてきました。
ある程度プレイし、感想を送って、それでおわり。
普段の夢ならこの辺で目が覚めて、しょうもなさに忘れるんですが、ここからが凄かった。
私は、誘拐されたんです。
誘拐犯に閉じ込められた所には、約9人の子供が・・・
話を聴くと、みんな同じゲームのテストプレイヤーでした。

覚えてる範囲で、子供たちのイメージ。
一人は気の弱そうな男の子。
一人は気の強そうな男の子。
一人はツインテールでわがままな女の子。
一人はめがねでエキセントリックな雰囲気。
そして私。(あとの子はイメージ薄いです)
それから私たちは、誘拐犯にこき使われるようになります。(樫の木もっくみたいなー)
耐えられなくなった気の弱い少年が、
「逃げ出して、助けを呼んでくる」
と、脱走を企てます。が、それも上手くいかず、無残に殺されてしまいました。
私たちは、もうダメだ。
と、絶望しました。
それかた何年かたち(え?)、ある程度自由がもらえるようになってきました。
ある程度賃金ももらえて、銀貨数枚をポケットに入れてました。
それと同時に、仕事の内容が雑用から、誘拐犯の犯罪の手助けに変わっていきます。
私たちはそれが凄く嫌で、逃げ出す機会を常にうかがっていました。
ある日ツインテールが言いました。
「逃げよう、こんなトコ居たくない。」
私たちは、計画を立て始めます。
今までのパターンで、誘拐犯は夜に動き、昼に寝ているのがわかりました。
あとは逃走のルートに、資金。
全員のお金を合わせると、銀貨が40枚。全く貨幣価値がわからないんですけど、10枚を越えている事で、いっぱいだと全員のテンションが上がります。あとは、日を伺うだけです。
そして、決行の朝がきました。
よし、行くぞ!と、思ったそのとき、警察が入ってきました。
その先頭には、誘拐犯。
「警察のダンナ!こいつらですぜ!町を騒がせてる泥棒の一味は!」
見たいな事をいっています。
私たちは、逃亡失敗かと、じりじり後ずさりします。
誘拐犯はニヤニヤ笑っています。逃亡がばれていたみたいです。
警察官は私たちの顔と、手に持った紙を交互に見ながら言いました。
「間違いない!あの時の子供たちだ!その男を誘拐の容疑で逮捕しろ!」

はれて私たちは自由の身になりましたとさ。

誘拐から開放されたあと、病院に収容されました。
看護婦が、ウザイ。
「大丈夫よ。」
とか、
「安心して。」
とか言いながら、興味本位で誘拐されていたときの事を聞いてくるんです。
そんな時はいつも、窓からブーストアタック(http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89+%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF)
で逃げるんですけど(・・・っつうか、なんでブーストアタック?
まあ、夢なのでその辺は深く追求しない方向で・・・)
そんなウザい看護婦の中で、マシな人がいました。
リスみたいにちょこまかした人で、
色々遊びに連れて行ってくれました。

そんな看護婦さんの家族と、私たちは、山に遊びに行く事になりました。
山頂で、看護婦さんから、魂が宿ってるらしい、木の人形をあずかりました。
「せわしてあげて」
なんだそうで、ピーピーとわめくうるさい人形でした。

ここで朝。目が覚める。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-13 20:21:32
ブースト圧が上がりません!
ふかしても、まわしても、−から上に上がりません。
なんで!?
なんで!?
って、調べても調べても、何にもおかしくないんです。
ああ、ついにコンプレッサーがいかれたか・・・・
コンプレッサー総とっかえって、いくらかかるんだろう・・・・
って思った瞬間・・・・目が覚めました。
ああ、心臓に悪いよ!

#この数年後、実際にコンプレッサーは寿命をむかえ、エンジン、コンプレッサー総載せ替えしたのは良い思い出。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-15 09:54:57
ピンポーン
インターフォンがなる。
私は、インターフォンを無視するんです。
どうせ訪問販売か、何か妙な団体の勧誘ばかりだから。
今日もどうせそうだろうと、無視。
だけど今日はやけにしつこいな。
ずっとインターフォンのベルが鳴り続けています。
インターフォンのベルが鳴り止み、ほっとしていると、次は電話。それと同時にインターフォン。
電話に出ると、
「あ、○○さん?オートロックあけてもらえますか?お荷物ですよ。」
ああ、荷物か。
私は、オートロックを開けて、扉の覗き穴から様子を伺う。
怪しげな配達員が、うそ臭い段ボール箱をかかえて部屋の前にやってきて、ピンポーンと。
私は扉を開け、
「どこから?」
と聞きました
配達員はそれに答えず、媚び諂った声で
「奥さん!別嬪さんですな!」
そういうと、勝手に玄関に入り込み、そして座って、ダンボールをあけて話を始めます。
荷物は嘘で、訪問販売員でした。
ああ、面倒くさいなあ。
そう思ってると、目が覚めました。
最近、あんまり楽しい夢みてないなあ・・・・



2007-02-21 08:36:26
昼間、頭痛が酷くて寝てて、ふと部屋に誰かが入ってくる気配がして、目をあけるとダンナで、あれー?会社に行ってるはずなのに??とか思ってると目を覚ました私に気づいて、
「しんどいんやろ?寝とり。」
って言われて、うん。って言ってまた寝ました。
目を覚ましたのがお昼ごろで、
そこで「あれ???」って。
それが夢だったのか、現実だったのか。
遅くに仕事から帰ってきたダンナは何も言わないし、夢だったんかなあ?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


2007-02-22 09:14:52
旅行に行く夢をみました。

インド?タイ?のような雰囲気の建築物が並ぶ素朴な雰囲気の街でした。

私は水辺に歩いていき、ふと水草の生い茂る湿地ぽいところ(田んぼっぽい感じ?)を見ると、綺麗な魚が大量に泳いでいます。
金魚のようにひれが長くて、白と赤のブチの魚でした。
そばでは、釣竿を売るお店があって、その横では水槽に入ったその魚を輸出する準備をしています。
釣竿屋曰く
「この魚は、日本人が大好きな魚で、高くで売れる。釣ってくれたら、一万円(なんで日本円?)で買い取る。」
と、釣竿を渡されます。
釣糸の先には、針ではなくて、竹で編まれた籠。その中には餌が入ってます。
その籠を水につけると、魚たちがビチビチと音を立てながら寄って来て、籠に噛み付きます水からあげても離そうとしません。
なるほど。この魚なら針は要らない。
私はどんどん魚を釣り上げていきます。
10匹ほど釣って、周りに魚が少なくなってきて、釣りあがるのが10センチぐらいのスネイルばかりになってきました。
私は釣るのをやめ、その場をあとにしました(あれ?1匹1万円の設定はどうなったんだろう?)
その後、山を歩き、曲がりくねった断崖を慎重に進み、
谷底に流れる川や、清流を眺めていました。
やっと険しい道も終わり、石作りの廊下(橋?)にでました。
そこの窓からは、水墨画のような風景がみえました。
私はそこから写真を撮ろうと、角度、構図をかんがえはじめて、液晶の画面を見ていると、画面の隅に人の姿が。
写真を撮り終えるまで待っててくれてるんですが、画面内に入ってるんです。
その旨を告げ、通ってもらい、もう一度画面を覗くと、また人が・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-24 14:08:51
夢の中で死にました。
痛いとかしんどいとか、悲しいとか苦しいとか・・・そういうのなしに、気づいたら幽霊でした。
幽霊友達と、霊が見えるという人と、行動を共にして、
無意味にジョウレイとか言って、攻撃してくる霊能者から逃げたり、気になってた高い壁の向こう側に忍び込んだりして遊んでました。
で、どうも幽霊になると空を飛べるみたいで、それに気づかず、
楽器のいっぱいあるリサイクルショップを見つけて走っていったら、クルマにひかれそうになって、幽霊仲間にとべ!って言われて
うわー!とべたー!って。
空飛ぶの、気持ちよかったですよ。
どこまででも飛べるので、私と幽霊仲間は
もしかして、飛んで地球の外出られるんじゃないかって・・・
霊の見える人たちに
「空の向こうで待ってる。」
とかって言って別れて、宇宙を目指しました。
良く考えたら、もっとこう、行って見たかったジャングルの奥地とか、南国の海とか見に行けばよかった。。。。
それを何度も繰り返すうちに目が覚めました。
あの美しい風景をもう一度みたいな。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-04-11 23:16:39
昔住んでいた、ボロアパートの夢です。

お風呂はタイル敷きの、バス、トイレが一室に押し込められたバス&トイレです。冷たいタイル敷きの洗い場をひたひた歩いて、トイレに座って、用を足し・・・
ふとトイレットペーパーのロールを見ると・・・
そこにはトイレットペーパーではなく、ムカデ(幅、1センチ強・・・もちろん、足含まず・・・)がギシギシと音を立てながら、ペーパーの芯に巻きついてたんです!
頭がみえないぐらいグルグルと!
きっと解いたら、一メートル以上あったんだろうなあ。
ひえー!!!とか思って、恐怖で目が覚めました。

2007-04-26 08:27:12
飲み友達は、なぜかクワバタオハラと、千原兄(見た夢の話ですよ!)。そして、小学生の頃のクラスメイト(しかも、あんまり話した記憶がないって言う)

飲んでるときの内容はあんまり覚えてません。
唯一覚えてるのが、千原兄が演劇の見られるレストランを経営するのが夢(夢の中での話ですってば!)とか言ってたこと。

その後、二次会が本屋さん(なぜ?)しかもその本屋さんは実家の近くに実在するお店です。
で、そこで私は、PSP(ゲーム)を自慢してます。ちなみに現実では未所有です。高いから。
そこにうちのダンナ登場。
ダ「いつの間にそんなん買ったん?」
私「え、あの、安かったから!」
ダ「ふーん」
私「これね、最新版でね、エミュレータが動かないから人気がないんだよ!」(適当)
ダ「あ、そうなんや。いくらやったん?」
私「一万円で買った。」
(ここで、目覚ましが・・・)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-09-26 08:00:39
事情があって詳しくかけません。
#詳しくどころか、その事情すらもおぼえてません

夢の概要。

カメラを手に入れる。

そのカメラは、先に撮ったものに、後に撮った物の要素(?)が付加されるというカメラ。
何度でも使えて、画像を削除する事で変化したのを元に戻せる。

たとえば・・・


かえるの写真と犬の写真をとった場合。

かえるの形で哺乳類で、毛が生える。。。。とか・・・
デジカメの写真と防水仕様の何かだと、防水のデジカメ+その何かの特徴的な部分を引き継げると・・・
上手く掛け合わせれば、凄いことができるけど、下手に掛け合わせると怪物になってしまうと。
そんな感じ。
で。私は、その画像を削除しても、その効果を継続させる方法を研究するんです。

そういう夢。
もっと内容はややこしくてかなり精神的に参る夢だったんだけど、その辺は本気で辛いので割愛。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-09-28 11:07:41
鮮やかなオレンジ色のカニが出てくる夢でした。

あぜ道があって、そのあぜ道にそって、小川が流れています。川の向こうは工場?倉庫?みたいな感じです。排水もなく、水は綺麗に澄んでいました。
水深は、くるぶしよりちょっと深いところが多くて、所々池のように膝上ぐらいの深さの所。その先にはコンクリートの橋がかかっていて、そこはかなり深い感じでした。

で、カニです。
あぜ道を歩いていると、鮮やかな茹でて色づいたようなオレンジ色のカニがいました。おなかには卵。おなかの卵は輪をかけてオレンジ。
見る限りではイクラ。
おなかに卵を抱えているので、私につかまるとでも思ったのか、逃げ回ります。私はそんなめずらしいカニの写真を撮りたくて追い掛け回しました。
ひとしきり写真を撮って、ちょっと深いところにカニが逃げてしまったので、あぜから観察していました。
するとカニの後ろに黒い魚が・・・おなかが白で大きな口。
どうもナマズっぽいです。
ナマズが大口をあけてカニの卵をガブ!!カニは必死で抵抗します。
大きなはさみで口をこじ開けたて挟んだり、髭を引っ張ったり。
ふと、ナマズは大口を開けました。ここぞとばかりにカニはナマズの口に飛び込みます。
あ!食べられた!!
私がそう思うと、ナマズは満足そうに身を翻して深いところへ逃げていきました。


後味わるいけど、それ以降ナマズとカニは出てきませんでした。

川は緩やかに流れていました。いろんな生き物がいて、それぞれの生活をしていました。
私はコンクリートの橋の方に行きました。
はしから下の方を覗くと、橋の袂の穴から、大きな生き物が頭をだしています。
結構大きな口で、頭だけでも50センチはありそうなサンショウウオ?なんかそんな感じのいきものです。
それが体操でもするかのように、クルクルと回転していました。
うわー!なんだこれは。そう思いながら見ていると、穴に入ってしまい。
橋の向こうの土手では、釣り人が釣りをしているようですが、気づいていないようです。
ここで目覚め。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-10-04 19:09:19
ふたつあります。


命を狙われる夢でした。

私は吸血鬼かなにな、それ風の悪魔なんです。たぶん。
昼間は日の光にのた打ち回って、日陰に逃げ込んだり。
映画館で過ごしたりしてるんです。
で、私の命を狙ってるのは、暗闇でサングラス(暗視みたいなのかも?)をかけると、昼間のようにすべてみえるらしく、闇でも気にせず追跡してくるハンター。
しかもそのハンターはどうもメクダシ・カリルさんぽい。(検索してください。結構良く見る外国人タレントさん。再現VTRなんかでよく出ておられます。)

多分、戦国BASARAや戦国無双をやってる影響だと思います。。。。


次。
釣りをする夢。
なんか結構深いのかもしれない。
リールで釣りをしてました。
で、なんかすごく珍しいらしい魚をつったらしく、私は嬉しそうに観察してたんだけど、どうもその魚は、怒ると膨れるらしく、風船みたいにどんどん膨れます。
結局その魚はおなかがパン!と破裂して、しぼんだんだけど、それでも食べられるという事らしく、海辺の料理人(どうも私はその人に気があるらしい)のとこに持って行く夢でした。
オチらしいオチのない夢なのに、なんであんな楽しいんだろうか・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-11-07 08:33:10
夢の中の世界は結構破綻していました。
前日にみたテレビのニュース?みたいなので、「温暖化で木に寄生する虫がふえて、立ち枯れしている」とか
「人が食べすぎて魚がもうすぐいなくなる・・・」とか
(この辺、テレビが新製品購入とか消費電力UPしそうな事を煽って、マータイさん?ウータイさん?が物を大切にしようとか、マイナスなんたら%とか訴えてるというのに矛盾を感じてる・・・というのはおいといて。)

そんなのを見た影響か、すごく水浸しなのに暑い感じでした。

ええっと。で。
街の時間の流れは結構ゆるやかで、隣の家とかとの交流もあって、おすそわけとかでおかずが一品ふえたり、シェアしあったりする感じでした。
でね。
市街地と郊外とで、そういう生活の格差があるみたいで、
ビル郡の街に住む人たちはワンセグビデオ付き携帯だとか、インターネットとか、そういう技術が生きてるけど、私の住んでいる田舎にはそういうのがないとかで・・・
で、ライブなんだけど。
私はどうも夢の中ではプロのミュージシャンみたいで、ライブしてました。
現実の私は踊れもしないし、歌えもしないのに、ボーカルやってました。
チェックのワンピース着て、踊り歌ってるんですよ。
それを、携帯のカメラで映像とったのを見せてもらって、すごいすごい!写ってる!って驚いてる。
そんな夢でした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2008-02-22 12:27:10
舞台は学校でした。たぶん。
すごく古い、木造の学校で、床がぎしぎし言います。
どうも廃校になった学校を借りて、改装して住んでるっぽいです。
なんとも幽霊でも出てきそうな設定ですが、まったくそんな要素もなく、普通に生活していました。
唯一つおかしかったのが、体長約1センチの文鳥を飼ってると言う事。
結構なついてる風なのに、えさをやろうと手を伸ばすと
口を開けて
「ぎゃーーー!!」
って、怒るんです。
飼ってる人なら、わかりますよね。
口開けて、なんか威嚇するの。
もう、食べない食べない。
なのに、私についてくるんです。

そんな夢。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念

坂道の町でした。
私は中学生ぐらいでした。
っていうか、周りにいる友達が、中学の頃の友達でした。
町のほとんどが坂道で、アスファルトには水がながれていて、壁際にはかにとかがいて、じめじめしてました。
衛生的にはそんなにいいほうじゃない感じ。虫もいっぱい飛んでたし、ヒルみたいなのも足を這い上がってくるし。
結構最悪。
だけど気にせず走り回って遊んでました。

そんな坂道の主道路から小さい路地にはいると、土の細いあぜ道になっていて、左はコンクリートブロック。右は草がぼうぼうにはえていて、その下はきっとがけ。
それでも気にせずどんどん進むと、L字の曲がり角になっていて、黒あげはがいっぱい飛んでた。
それを友達と
「うわー」
って見上げてると、横で
「さむっ」
って声が・・・
それで目が覚めて現実に戻ると、横でうちのひとが布団をぬいでさむがってた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念


ある姉妹がいました。
その姉妹の家の隣には一人の高校生が住んでいて、姉妹の姉とは同い年。3人は幼馴染で、仲良しでした。
お姉ちゃんとお兄ちゃんは、同じ学校の同じクラスで、お互い意識しているのに、なかなかくっつきません。
妹はそれをヤキモキしながらも、いざ二人が仲良くするとやきもちを焼いてしまいます。(微妙なお年頃。)
でも、本当は、お姉ちゃんには好きなクラブの先輩がいましたし、お兄ちゃんは、妹の事が好きでした。
お互いその事を知っていたので、そんな事を相談したりしているのを、妹は誤解しているようです。
そんなある日、二人が談笑しながら歩いてるのを見かけます。
むしょうにこみ上げる嫉妬。
妹は思わず走り出します。そこへクルマが!
命を落とした妹。
お兄ちゃんは、落胆しました。
それ以来、妹復活の研究を始めます。
黒魔術、ロボット工学、色々試しましたが、ムリでした。
時はたち、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、もう大人です。
お兄ちゃんは、立体映像を実体化し、人工知能とリンクさせるという技術を開発しました。
大人になった、お姉ちゃん(なぜか、大林素子)。あの頃と変わらない妹、大人になったお兄ちゃんの3人は、妹の人工知能教育の為に、微妙な三角関係を再現する・・・・・・

というのを、なぜかカメラで追い続ける品川庄治の品川さんと、それを見続ける、なぜか空気の私。
という夢。


ちなみに、”なぜかカメラで追い続ける品川庄治の品川さんと、それを見続ける、なぜか空気の私。”という構図は変わる事なく、上のような内容の断片をいくつもみました。
初めに述べたように、それをつなげたので物語状になっていますが
、本当はもっと途切れ途切れです。もしかしたら登場人物も一定じゃないかも。

#今読み返すと、ずいぶん予言めいた夢でしたね。
#当時は、芸人さんの映画監督なんてたけしさんぐらいでしたから。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-01-29 09:13:48
以前見た夢で、姉が謎の難病に犯される夢。

詳しくは覚えてないから、あんまり書けないんだけど、
ただ、看病を続けるだけでした。
夢から覚める直前ぐらいに、その病気が感染病で、接触した人は感染の恐れがあるって、そんな夢でした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-01-29 09:31:24
潜伏する夢。

あるお店(確か、飲食関係ではない。)があって、そこではサービスでお菓子やコーヒー、軽食を出しています。
私はそのお店の店員で、お菓子や軽食を出したり、軽食の調理をしたりしていました。
ある日、何か暴動のようなものが起こって、お店から出られなくなりました。
幾日も、外の状況をうかがいながら外に出られない日々が続きました。
ある日、常連さんと店長が、店からの脱出を試み、安全な地域へのルートを見つけて帰ってきました。
私たちは4人づつでパーティーを組み、時間差で脱出する事になりました。

第一陣がお店の外に出ると、第一陣は戦闘に巻き込まれました。
よくわかんないんだけど、私は突然食料調達係になりました。
戦闘地が山、アパートの一室、バスルームの配管の穴など、めまぐるしく移動し、そこに食料を運ぶ・・・
そんな夢でした。
一番不思議だったのが、戦闘員の依頼でニッセンのカタログを持っていった事。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-01-31 07:42:02

昨日と今日の夢

昨日見た夢は、リゾートでぼーっとするだけの夢でした。


今日は、某お笑いの人の彼女?みたいな感じになる夢。
メインはそれじゃないけど。
私はある地域に引っ越したんです。
そこの名産は木の実を潰して作ったおだんごと、いのしし。
散策していると、農協みたいな施設を発見して、見学するんです。
食肉に加工されるイノシシがぶら下げられていて、血のニオイが充満しています。
イノシシを切る機械が音を立てて回っていて、怖くなってそこを後にすると、外は雨。
雨を避けるように走っていると、地の人たちが私を見て、何か言っています。指を指して笑ったり、あからさまな悪意。
嫌だなって思いながら歩いていると、テレビで見たことのある人に出くわしました。お笑い芸人のAさんです。なんでも、ロケでここにきているらしく、なぜか行動を共にします。
どうもバラエティーの収録なようで、いろんな施設のエレベーターに乗ったり、エスカレーターを逆走したりしながら、他の芸人さんから逃げる夢でした。
なぜか場面が変わり、私は会社に行く準備をしていました。
準備を終えると、駐車場に行きます。
あれ?車がない。。。。
私の車の駐車場はとある寺社仏閣の近くにあって、薄暗い雰囲気に惹かれてここに決めたんだけど、駐車場の地主さんはどうもその寺社仏閣に頭があがらないようで、寺社仏閣の駐車場になってしまったようでした。
私の車はどうなったの?
どうも、廃棄処分されたそうです。
困っていると、目覚まし時計がなりました

#丹波篠山かもしれませんね。
#そして猪に関しては、子供のころ田舎のまちを親とドライブしていて、工場のようなところで、狩られた猪が吊るされていたのを見て
#それがトラウマになっているのかもしれません。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-01 08:05:55

コンビニ経営者の夢

絵描きの知り合いが、コンビニを始めました。
屋号は「****(その人の名前)のアホージャパン」
今思えば、なんという名前なんだ。と思うんだけど。
看板は、白地に黄色のストライプ(?)という、どこかでみたようなアレです。(白い犬のお父さんの所のアレね。)
で、私はそのお店の店内ソングを手がけたんです。
結構繁盛していて、どうもお惣菜が人気のようでした。

風景がね。凄く印象的だったんです。薄暗くて、T字路の突き当たりにお店があって、縦の通りには色々たてものがあるのに、横の通りにはそのお店しかなくて、先の見えない地平線なんです。
なんとも、不思議??な夢でした。





そうそう。昨日みた夢。
今思い出したんだけど、家を選ぶシーンもありました。
凄く狭い部屋で、ログハウス調の据付家具が印象的でした。お風呂とトイレないけど・・・


#そういえば白い犬のお父さんに限らず、他もコンビニの跡地に販売店ができますよね。
#そういうのがすりこまれてたのかな??

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-02 15:48:53

私は邪竜を封印する鍵です。

・・・・は?何を血迷った事を???
と、思われるでしょう。
以前見た夢です。

何か映画か、ゲームか、良く覚えてないんだけど、それの影響でみた夢です。
背中に羽のアザがあるんですよ。夢の私に。思春期に彼氏が出来て、幸せに暮らしてるんだけど、邪竜が復活したとかで、村の若者が退治にかりだされるんだけど、
ぜんぜん歯が立たなくて。
で、村の長老が、「おまえの背中には、羽の形のあざがあるじゃろう?それが邪竜を鎮める巫女の証なんじゃ」
と。そんな夢なんですけどね。

・・・・変な夢。

そういえばこの間も、ゼルダの伝説(風のタクト)の影響で、岩場をハイジャンプで飛び越えたり、狭い所をはいはいで抜けていく夢をみました。
影響うけやすいんですね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007-02-05 10:09:45

刻印工場で働く夢

鉄板にシリアルナンバーを刻印する作業をする夢を見ました。
何に使う物かは全く解らないんだけど・・・
とりあえず、一日打ち続けます。
上司が申し訳なさそうに別注文の刻印を持ってきます。3桁の数字です。
同僚の話では、上司の浮気相手に渡す、落ち合うホテルの部屋番号なんだそうで、会社の物を使って浮気をするなんてけしからん話です。

仕事をおえ、今日は休日。
今日は妹(現実にはいません。)と、軽トラの運転の練習を広場でします。
その後、ゲームコーナーで遊びました。
プールの中に浮いたものを、高下駄(というか、缶のぱかぱか馬?って、わかるかな??)をはいて回収するんです。
いつも、最後の一個に失敗するんです。
どうも最後の一個になると、足元がゆれるような・・・店員を問い詰めると、最後の一個になるとプールの底から床を突いて、失敗するように仕組んでいるんだとか。
馬鹿馬鹿しくなって、その場を後にしました。
その後、おはよう朝日です(#近畿ローカルの朝ワイドです)のメンバー。
喜多さん(アナウンサー)、大久保さん(リポーター)、川崎さん(リポーター)、小林さん(リポーター)と遊びに行きました。もちろん現実では全く面識ありません(笑)

何かよく解らない施設に入るのに、チケットが必要でチケットを買おうとするんだけど、どうもそのチケットを買うのに、身分証明書がひつようなんだそうで、おは朝メンバーはパスポートや免許などをみせてるんだけど、私は免許が見つからなくてわたわたしてしまいました。
受付の人が
「大丈夫ですよー。あわてなくていいですよー。」と。
良く見るとその人は、トキオの山口さんで、余計わたわたしてしまいました。

変な夢だったけど、ここの所殺伐とした夢ばっかり見てたので、楽しかったです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念

奥さんと喧嘩した老夫婦のだんさんが、かっとして奥さんの顔になんかをおさえつけて殺してしまったとか・・・

#当時そういう事件がおきはじめたとこだったと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念

よく、分別くさい大人(この場合、必ずしも成人をささない)は切れる子供だの切れる若者などというけど、実際は黙殺されているだけで、そんな大人だって切れる時は切れる訳で。

こんなとこで身内の恥をさらすのもどうかとは思うが、私の父はかなりDVのひどい人だった。
生きているけど。
上の事件のニュースを見て、ふと父親の事を思い出しました。
生きてるけど。
そんな日の夜、見た夢。


某ディスカウントショップにて。

レジに張られた注意喚起。

「要注意人物リスト。」

その中に、顔写真入りでうちの父が。

恥ずかしくて、何も買わずに帰りました。



いえ、夢だけどね。実際ありそうだから怖かった。

#ちなみに元ネタというか、きっかけは、実際にレジに「要注意人物」として、老人の防犯カメラ映像がはられていたのを見たのがきっかけです。
#内容は、万引きし、それを返品に来る。レシートがないから返品できない、ゴネる、うるさいから返品に応じて帰らせる・・・というのが何度もあったらしいw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念
ゼル伝(トワイライトプリンセス)みたいな世界で、世界を救うっぽい夢。わかる人にしかわかんない地名が出ます。


どうも、私たちはえらく長いこと旅をしていたらしく、やっとのことで、なんかよくわかんないけど、倒すべき敵の住むところについきました。
一番威張ってるリーダーらしきひとが、村娘に惚れられて、その人から敵をたおすためのキーアイテムらしきものを手にいれます。
どうもその威張ったリーダーらしき人は、その村娘のことがすきではないらしく、いつもいまいましげに眺めては
「こんなもので倒せるのか」
といっています。
それは、獣の牙で作られたペンダントトップのようなもので、それには藁で編まれた気味の悪い人形のストラップがついています。
ハイリア湖(ゼル伝に出てくる湖)っぽい湖にかかる大きな橋の手前で、そのリーダーらしき人は、その気味の悪いストラップを投げ捨てます。
「あっ!」
私は叫びます。
「そっちが大切な方!!!」
気味の悪い人形は水の底へ。
今まで威張り散らしていたリーダーへの不満が、これをきっかけに噴出します。
「あんな水の底、とりにいける訳ないだろ!」
と、この辺からあいまいに目が覚めました。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日付失念

みなさんの夢には、味や香りがありますか?
私は、あります。時々だけど。
昨日見た夢も、味や香りがありました。
紅茶を飲んでました。
すごくフルーティーな香り。味はアッサムっぽいんだけど、香りはダージリンっぽいというか・・・(私はお茶にはうるさいぞ!みたいな状態ですね。)
100g千円以上する高級茶葉を飲んだことがあるのですが、それを思い出しました。また、飲みたいなあ。
と、そんなことを思わせてくれる夢でした。


今日みた夢。
どうも私は、何人かの人と住んでるみたいで、川で魚をとったり、階段を掃除したりしてすごしていました。
雰囲気は山寺?

小学生と思われる子供がいて、その子が子供のくせに色気づいて、恥ずかしいからって川で遊ぶのをやめてしまって、でも、好きな男の子が川で遊んでるから気になって。
で、私は川で魚を獲ってるからその男の子とも仲がよくて、嫉妬される夢。
で、なぜか風景が変わって、堤防沿いみたいな、テトラポットががしがしくんである水辺。私は身軽にテトラポットの上をはねながら、何かから逃げています。
必死で逃げて、逃げまくっても追って来ます。
めちゃくちゃ怖くて、でも跳ねるのが楽しくて、宙返りをしたり、水切りの要領で水の上を跳ねたり(すでにこの時点で常人じゃない)しつつ逃げます。
結局捕まってしまい、なにやら尋問とか、インタビューとかそういうよくわからんことをされて。
そうすると上で言った山寺っぽいとこに住んでる誰か達や、川の子供とその子のことが好きな女の子が助けにきてくれました。

なぜなその後、その女の子は子供らしさを取り戻して、みんなで一緒に魚をとって、水の冷たさに目が覚めました。
現実にはお布団からつま先が出てて冷え冷えだっただけですけど。

さて、何で逃げてたのか・・・
どうも親から逃げていたようです。

posted by あやたようこ at 10:21| Comment(2) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

本日をもって

本日をもって、当ブログは凍結となります。
しょーもないブログでしたが、見てくださった皆様。
楽しいコメントを下さった皆様。
もう来ない、関わらないといいつつ監視をしつづけてくれた方。
ありがとうございます。
私はいつもの所でぽけーっと過ごしてます。


おもいおこせば、いつもひとりきりで
いました。仲間の大切さを
思い知らされた感じです。
いや、本当に、ありがたかった。
どうしても、有難うって言いたいんです。
おしえられた、大切な事を胸に、これからも
りんとした態度で生きていけたらいいね。
二度ともう、こんな経験はしたく
ないけど、い
つかまた、みんなとクエにいったり
てつだって!って声をかけてくれればいつでも駆けつけます。
よろしくね?ほんと。あー・・・・
かつどんくいたい。
つかれたな。
たまごやき
なっぱで巻いたおにぎり。


それじゃあまた。いずれどこかで。
posted by あやたようこ at 10:21| Comment(0) | 武家諸法度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

Borg

Borg「我々はボーグだ。お前たちの団の文化、技術は我々に同化される。抵抗は無意味だ。」
A「な、なんだって!?」
B「奴等を食い止めろ!」
C「私はハンターです!ドアストッパーではありません!」
B「つべこべ言うなっが・・・テイコウハムイミだ・・・」
A「だめだ、もう同化されてしまっている・・・」
D「もうダメだのか・・・」



あ、お腹痛いのでしばらくブログはおやすみしまーす。
それではー。





追記
posted by あやたようこ at 09:13| Comment(1) | 武家諸法度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

たまごごーご。

MHFのスマホアプリ。
エッグランというのが配信されております。
ぜひともやってみなければ!と、marketで検索してみた。
ない・・・
仕方なくPCをたちあげて、公式サイトのLINKから見てみると・・・

ss
ss posted by (C)綾田姚狐

・・・何台スマホもってるんだというツッコミは不可の方向で。

んー。。。。一台も対応してない。
カスタムロムがいけないのか、画面サイズの問題か・・・いや、そもそもマシンスペック的に無理なのか。
ほんと、日本の携帯業界ってsimfreeユーザーに厳しいよねw
まあ、入手法さえあればsimlockされてても、ドコモ端末ならう,ちのsimは日本通信だからそのまま使えるはずなんだけどねー。
まあ、残念でした。
posted by あやたようこ at 10:53| Comment(0) | 武家諸法度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

こんなひと。。。

最近気になる人がいます・・・

その人をみるたび、目が離せなくなります。

・・・

その人は、こんなひとです。


kininaru
kininaru posted by (C)綾田姚狐

・・・・

なんだその頭装備はっ!!!!!!!!
って。


posted by あやたようこ at 19:27| Comment(2) | 武家諸法度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。